【重要】ドッグフードの食品添加物が催奇形成と関連!?

ドッグフードの食品添加物について

ドッグフードに含まれている食品添加物について考えてみましょう

みなさんは、ドッグフードやトリーツ(おやつ)の食品添加物(安全性が高く身体に必要なビタミン類は除く)が
何故身体に良くないのか?その理由を具体的にご存知でしょうか?

その「身体に良くない」理由のひとつとして、今回は「催奇形成」について簡単にご説明しようと思います。

催奇形成とは、生まれてくる赤ちゃんの奇形を誘発すると言われている性質の事です。例えば、人間においても
妊娠中のレントゲン撮影が禁止されているように、奇形を誘発する可能性のあるものを指します。

近年、ドッグフードやトリーツに含有されている食品添加物が、奇形の赤ちゃんを形成してしまう要因である
可能性が高い(そしてその数は少なくない)と言われています。

人間の商売の為、売れる為に含まれた添加物は多くあります。天然の食べ物から作られた成分でも充分に同じ役割を果たすのですが、コストの問題から安易に身体に悪い添加物が使われている商品が多く存在し、そういった商品達がさも身体に良いフードやトリーツであるかのように販売・宣伝されています。

赤ちゃんの奇形に関与するだけなら、成犬には関係ない。そう捉える方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、発がん性の臨床結果が無い添加物においても、摂れば摂るほど腎臓や肝臓に負荷がかかるという事実があります。そういった添加物は摂らないに越したことはありませんし、余計な添加物が含有されていない良質なフードは多く存在します。

私たちは、世界中の犬たちが健康的で幸せに暮らし続けることができるよう、情報を発信し続けています。

ペット先進国において人気のあるドッグフードを年単位で更新しています。是非ご参照ください。

【世界のドッグフードランキング2019年情報】米英など5か国をご紹介