CATEGORY

DOGニュース

  • 2020年2月17日
  • 2020年2月17日

【犬の譲渡】マッチングでうまくいくためには

犬の譲渡の際に適正なマッチングがされない場合、後になって様々な問題が起きてしまいます。マンションに暮らす家族が小型犬を引き取ったケースでは、吠えやすい犬だったため、近隣の方から吠え声の苦情が来るようになりました。 譲渡の際は、ワンちゃんの外見や性格だけでなく、飼い主さんご自身の家族構成・ライフスタイルを考慮することも大変重要です。 マッチングでうまくいくために 小さなお子さんのいる家庭には 子供に […]

  • 2020年2月11日
  • 2020年2月11日

【犬の散歩には必ずリードを】ノーリード・放し飼いにした結果、損害賠償が発生する場合もあります

日本国内において「犬の散歩には必ずリードを」と推奨される4つの理由 ・マダニ等の感染症(犬にも人にも致死レベルの害有り)等を防ぐ ・犬の怪我、交通事故死を防ぐ ・遺棄であると判断された場合罰金を科せられる可能性がある ・野良犬であると判断された場合保健所→殺処分となるケースがある 上記のような理由が主にあります。逆に考えると、犬の躾が社会的に重要視されていない現在の日本において、飼い犬をノーリード […]

  • 2020年2月8日
  • 2020年2月8日

【犬との上手な暮らし方】人と動物の共通感染症の日本で起きた実例について

人と動物の共通感染症の日本で起きた実例について 国内では、2002 年と 2006 年に島根県と兵庫県の鳥類展示施設でオウム病が発生し、従業員や一般来園者に感染する事例となりました。 一時期日本には存在しないと考えられていたQ熱は、ネコからの感染など、毎年 10 例前後の患者数が報告されるようになっています。 また北海道の風土病ともいわれたエキノコックス症は、毎年20例前後の患者が報告されています […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月8日

【犬との上手な暮らし方】人と動物の共通感染症を知っていますか?

人と動物の共通感染症とは 感染症とは ある生物の生体内にウイルス、細菌、真菌、原生生物などの病原体が侵入し、そこに住み着いて安定した増殖を行うことを「感染」といいます。 「感染症」とは、体内に侵入した病原体の増殖によって引き起こされる病気のことで、感染症は、感染源、感染経路、感受性動物の三つの条件がそろった時に成立します。風邪を例にとると、患者又は病原体保有者が感染源であり、風邪の原因となるウイル […]

  • 2020年1月11日
  • 2020年1月11日

身体障害者補助犬の受け入れについて

補助犬同伴を受け入れるために ~事業者へのアドバイス~ ふつうのペットとの区別 盲導犬は白または黄色のハーネス(胴輪)が目印であり、介助犬・聴導犬は胴着などに表示をつけています。また、使用者本人には認定証(盲導犬の場合は使用者証)の携帯が義務づけられているほか、補助犬の公衆衛生上の安全性を証明する「身体障害者補助犬健康管理手帳」などの健康管理記録を携帯しています。 これらの表示等をすることなく、犬 […]