【犬の飼い方】飼い犬の5つの自由について

飼い犬に快適な生活してもらうために

人間と同じように動物にも命があり、生きていくために必要な要求(基本的なニーズ)があります。人間に飼われている動物や、人間によって制限された環境にいる動物は、自らの意志で基本的なニーズを満たすことはできません。飼い主には犬のニーズを満たし、犬ができる限り快適に生活ができるようにする責務があります。

5つの自由と終生飼養

5つの自由とは、動物の基本的なニーズが満たされて、動物が心地よく、安心して安全に暮らせているかを確かめるための指標です。動物を飼う時に飼い主は、この5つの自由を与えなければなりません。そして、動物がその命を終えるまで適切に飼養すること(終生飼養)が、飼い主の動物に対する責務です。

1 飢え・渇きからの自由
動物にとって食餌はとても大切です。動物の種類や年齢や健康状態にあった適切なフードを与えましょう。水は新鮮なものがいつでも飲めるようにしましょう。

2 痛み・負傷・病気からの自由
ケガや病気の場合には適切な治療を受けさせましょう。日頃から病気の予防を心掛け、健康状態をチェックしましょう。

3 不快からの自由
清潔で安全で快適な飼養場所を用意して、動物が快適に過ごせるようにしましょう。

4 本来の行動がとれる自由
飼い主は、それぞれの動物が本能や習性に合った動物本来の行動がとれるように工夫しましょう。

5 恐怖・抑圧からの自由
飼い主は動物が恐怖や抑圧を受けないように、また、精神的な苦痛や不安の兆候を示さないように、的確な対応をとりましょう。

動物を適切に飼うための考え方「5つの自由」

国際的に認められている動物を適切に飼う(扱う)ための考え方です。
日本でも「動物の愛護及び管理に関する法律」第2条に定められている人が動物を取り扱う場合の基本的な心構えとして、命ある動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることがないようにするだけでなく、動物の習性を考慮して適正に取り扱うこと、適切な給餌及び給水、必要な健康の管理並びにその動物の種類、修正等を考慮した飼養環境の確保を行うよう求めています。

 

飼う前も、飼ってからも考えよう

出典・加工して作成:環境省