【犬の防災対策】災害時に飼い犬を一緒に連れていけますか?

災害は突然起こります

いざというときに愛犬を守ることができるのは飼い主だけです。まずは飼い主が無事でいることです。そして避難する場合には、飼い犬と一緒に避難場所に避難すること(同行避難)が基本です。愛犬と無事に避難ができ、周りの人へ迷惑をかけず、安心して過ごすために、日頃から心構えと備えが大切になってきます。

飼い主の責任について考えてみましょう

飼い主の責任
災害発生時に飼い犬を一緒に連れていけますか?一緒に連れて避難できる頭数は限られています。よく考えて適正な頭数を飼いましょう。既に複数頭を飼育していて家族だけでの避難が難しい場合は、ご近所や飼い主仲間などにお願いしておくことが重要です。

飼い犬が身元を示すものをつけていますか?
突然の災害に驚いて逃げてしまい、飼い犬が迷子になることがあります。保護された際に飼い主のもとに戻れるよう、普段から、外から見える迷子札などをつけ、さらに、首輪などが取れてしまったときの確実な身元証明としてマイクロチップの装着といった二重の対策をとりましょう。
・首輪と迷子札
・鑑札と狂犬病予防注射済票
・マイクロチップ
※犬の鑑札と狂犬病予防注射済票の装着は狂犬病予防法で飼い主に義務づけられています。

ペット同行避難訓練
災害時に備え、地元の獣医師会や団体、ボランティアなどと協力したペット同行避難訓練を実施する自治体が増えています。お住いの地域で行われる避難訓練に積極的に参加しましょう。

・茨木県の場合
災害発生時にペットと一緒に安全な避難場所へ避難することの重要性を周知し、避難場所におけるペットの受入体制を構築する目的で、ペット同行避難訓練を実施しています。(受付作業と安全なけい留訓練、獣医師による健康チェック、マイクロチップ読取デモ等)

・静岡県の場合
ペット動物の災害対策を知ってもらうほか、ペットを飼育していない人にもペットの避難について理解を広げるために避難訓練を実施しています。(クレートトレーニング(指示を出すとケージに入ること)実演、パンフレット配布による啓発、ペット防災用具の展示など)

飼い犬の防災対策関連記事はこちら

突然起こる災害に備える防災対策や、災害発生後の飼い犬と過ごす上での注意点などをまとめております。こちらも合わせてご覧ください。

⇒ 【犬の防災対策】突然起こる災害に備えて
⇒ 災害後に飼い犬と過ごす注意点
⇒ 愛犬の健康管理と応急処置
⇒ 災害時に役立つ社会化やしつけ

 

出典・加工して作成:環境省ホームページ「ペットも守ろう!防災対策」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2909a.html

 

投稿日:2019/01/15 最終更新日:2019/09/12