【ドッグフードの選び方】ライフステージによる分類

犬のライフステージによる分類

総合栄養食のドッグフードは毎日の主要な食事として与えることを目的とし、新鮮な水と一緒に与えることで犬の健康を維持できるように栄養バランスが整えられています。ライフステージに合わせて分類されていますので、愛犬の年齢や健康状態に応じて、与えるフードの切り替えを考えていきましょう。

哺乳期
誕生~30日ぐらい。母乳が飲めない時は、専用のミルクを与えます。

離乳期
生後20~60日ぐらい。やわらかくしたフードを少しずつ与えます。

成長期
成語50日から、小型犬では10か月ぐらい、中型犬では1年ぐらい、大型犬では1年半ぐらい、猫では1年ぐらいの期間。市販製品では、成長期用のフードがあります。

成犬期
成長期を終えてから7年間(大型犬では5年)程度の時期を言います。市販製品では、成犬用のフードがあります。

中高齢期
約8~10歳(大型犬では6~7歳)以降の時期を言います。最近は年齢をより細かく分けて表示されたものもあります。

ドッグフードの切り替え方

ある年齢になったからと言って、急にその年齢用のフードに切り替えるのはあまり良いことではありません。食べ慣れていないフードに切り替えると、吐いてしまったり下痢をすることもあります。フードを変える時には、犬の状態を見ながら1~2週間かけて新しいフードの割合を徐々に増やしていきましょう。

 

出典・加工して作成:環境省ホームページ「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」

https://www.mhlw.go.jp/content/000489424.pdf

 

 

ドッグフードの正しい知識:ドッグフードを選ぶ際に役立つ記事2本

ドッグフードを選ぶ前に必ず知っておきたい犬の基礎知識や、海外と日本のドッグフードの選び方の違いについてを掲載しています。こちらも合わせてご覧ください。

【ドッグフードの選び方】飼い主の選択で、飼い犬の未来が変わる

ドッグフード選びの前に必ず知っておきたい犬の基礎知識についてご紹介しています。犬の身体の作りを知り、原材料を見て判断しましょう。これから犬を飼う方やすでに愛犬と暮らしている飼い主さんは是非ご覧ください。⇒ この記事を読む

 

【ドッグフードの選び方】海外と日本の選び方と意識の違い

ドッグフードどのようにして選んでいますか?フードの選び方には、国民性が反映されていると言われています。諸外国(ペット先進国)と日本の選び方と意識の違いについてご紹介しています。是非ご覧ください。⇒ この記事を読む