【犬の歯】健全な歯を保つには

犬の歯について

犬は生まれてから約1カ月で28本の乳歯が生え揃い、3~7カ月で42本の永久歯に生え変わります。歯ブラシなどを使用した歯磨きの習慣をつけることは、健全な歯を保つことにつながります。できるだけ、子犬の時から口に触られることに慣らしておきましょう。歯磨きが難しい場合は、歯垢が付きにくいドライフード、デンタルケア用のガムやおもちゃを利用すると良いでしょう。

万が一、歯に異常がある場合は、歯周病などの歯や口の病気だけでなく、それが原因で全身性の病気が引き起こされることもありますので獣医師に診てもらいましょう。

また、日頃から犬の口の中をよく観察することが大事です。観察する部分は以下の4つです。

口の汚れ
口臭
歯ぐきの腫れ
出血

犬は、体調が悪いときでも、言葉で伝えることができません。日頃から犬の身体や行動をよく観察し、少しでも異変を感じたら早めに獣医師に診てもらいましょう。かかりつけの獣医師をみつけておくと安心です。

 

出典・加工して作成:環境省ホームページ「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」

https://www.mhlw.go.jp/content/000489424.pdf