【ドッグフードの正しい保存方法】カビ等の発生の原因と対策

ドッグフードの正しい保存方法について

ドッグフードは種類によって保存方法や保存期間が異なります。保存状態が悪いと犬の健康に影響することもあるため、正しい保存方法を守りましょう。フードの種類に合わせた適切な取扱いを心がけ、賞味期限内に使い切りましょう。保存状態が悪いと、賞味期限内でも品質が悪くなることがあります。

またフードを与える時に使用する食器等の衛生面にも気を付けてください。フードの残りかすや水分は、微生物の格好の繁殖場所となります。使い終わった食器等はきれいに洗い、乾燥させて清潔な場所に保管しましょう。食器の後片付けや、食べ残しの片づけが済んだら、最後に石けんで手を洗い、飼い主にとっても犬にとっても衛生的な環境を保つように心がけましょう。

ドライフード、ソフトドライフード(ドッグフード)

使用期限の目安:開封後1カ月
袋をしっかり閉じて、直射日光が当たらない、温度・湿度が低い場所で保存しましょう。冷蔵庫で保存すると、与えるときの出し入れの際に、フード表面に結露を生じ、カビ等の発生の原因になることがあるので常温で保存するようにしましょう。開封後は、なるべく早く使いきれるように犬の大きさにあったサイズの製品を選びましょう。

ドライフードは比較的長期間保存できる利点がありますが、食器に出した後は、時間とともに香りや食感が失われます。
また、犬の唾液がついたまま放置すると、有害な微生物が発生する可能性があるため、食べ残しは放置せずに片づけるか、定期的に新しいものに交換しましょう。

セミモイストフード(半生タイプ、ジャーキーなどのスナック製品)

使用期限の目安:開封後2週間程度
袋をしっかり閉じて、冷蔵庫に保存しましょう。開封後は袋をしっかり閉じて冷蔵庫で保管し、使う分だけ冷蔵庫から取り出して与えましょう。

ウェットフード(缶詰・パウチ・アルミトレーカップなどのタイプ)

試用期限の目安:開封後1日開封したらすぐに与えましょう。
未開封の缶詰やレトルトフードは、直射日光が当たらない温度変化の少ない場所で保存しましょう。開封後に余ってしまった場合は、別の容器に移し替えて冷蔵庫で保管し、その日のうちに使い切りましょう。1日以上保存する場合は冷凍保存して、与える際に解凍する方法も可能ですが、食味等を損なう場合があります。食器に出した後の酸化、腐敗、有害微生物の繁殖等の品質の変化が、ドライフードに比べて早いため、20分程度を目安に片づけましょう。

 

出典・加工して作成:環境省ホームページ「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」

https://www.mhlw.go.jp/content/000489424.pdf