飼い犬の将来に備えるために

飼い犬の将来に備えて

犬は人よりも早く歳をとります。別れは辛く悲しいですが犬にとっては飼い主の愛情が全てです。最期まで看取るのは飼い主の最後の愛情と責任です。

・ペットのための遺言・信託
自分がペットより先に死亡してしまったときのために、ペットを誰に託すか、残した財産をペットのためにどう使うか決めておくことができます。

・老犬ホーム
ペットを預かり亡くなるまで世話をしてくれる民間業者(第一種動物取扱業)があります。よく調べて相談のうえ、利用するようにしましょう。

・ペット保険
動物病院での負担を軽くするために、ペット保険(ペットのケガや病気の治療費を一部補償する保険)に加入しておく方法もあります。

加入できるペットの種類や年齢、補償プラン、保険料は様々ですので、よく確認して契約しましょう。

 

出典・加工して作成:環境省「共に生きる 高齢ペットとシルバー世代」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/r0109/pdf/full.pdf