愛犬が嫌がらない、獣医師監修の犬用歯ブラシ

毎日の歯磨き

口腔環境は、愛犬の健康寿命を左右する重要なポイントであるという記事を以前掲載しました。

⇒ 愛犬の口腔内炎症対策に有益な情報!

上記記事内で紹介している笹エキス等の健康食品も重要ですが、基本的には「毎日の歯磨き」が大前提となります。

これまで様々な犬と接してきましたが、歯磨きを苦手とする犬は多かったです。しかし、原因を探ると「歯磨きが嫌」というよりも「歯ブラシが痛くて不快」という事から歯磨き嫌いになっている様子。

そこで、犬の本当の気持ちを考えた歯ブラシをご紹介します。

獣医師監修のもと開発された、犬専用歯ブラシ「MIGAKENDE」です。

⇒ MIGAKENDE

通常のブラシと違い、毛の数が多く汚れを効率的に落とせるという事、天然毛で磨き心地が良くブラシの硬さも選べる事、その辺りがこれまでの犬用歯ブラシには見られなかった非常に興味深い特徴です。

歯磨きが苦手な愛犬を持つ方、これから犬を飼おうかなと検討されている方にはオススメの商品です。

万が一虫歯や歯周病になってしまった場合、犬の歯の治療は非常に困難となります。的確な処置を行うために、麻酔を必要とする場合も多いのです。麻酔には生命に関わるリスクもあるという事で、そのような大掛かりな事になる前に飼い主が日々歯のケアを行ってあげましょう。