【犬の糖尿病】初期症状から予防法まで

犬も、人と同じく糖尿病になり易い生き物です。その要因としては

・慢性的な運動不足
・食事の量が多すぎる
・肉食の身体に適切でないドッグフード
・上記3つの結果による肥満

が主にあげられます。

まだ糖尿病になっていない犬の飼い主のみなさんは、上記に気を付けてください。特に、高たんぱく質メインの食事が望まれる犬にとってその栄養バランスが崩壊すると、糖尿病のリスクが上がってしまいます。

糖尿病の初期症状は以下です

・たくさんの水を飲む
・食欲が旺盛なのに体重が減る
・嘔吐
・食欲が無くなる
・ちょっとした運動で疲れる
・毛艶の悪化
・排尿の量が増える
・感染症(尿・皮膚感染症など)

そのような症状が現れたら、自身で犬の病気について詳しく調べたり獣医師に相談したりしながら、フードと生活習慣の改善を行いましょう。

一番は、病気になる前にストレスを無くす・きちんとしたフードに切り替える事です。すぐにでも対策ができる事があります。先ずは、ご自宅にあるフードの原材料をチェックして、怪しい添加物や怪しい原材料がある場合は良質なフードを探してあげましょう。