コロナウイルスに関して犬たちへ気を付けること

コロナウイルスに関して犬たちへ気を付けること

犬や猫をはじめ、動物園ではネコ科の動物たちにも新型コロナウイルスが感染しているというニュースが流れています。

犬たちも、人と同じように密集する場所や距離感の近い場所、接触において感染してしまう可能性は未知数です。

ご自宅で犬を飼っていらっしゃる方は、飼い主及び同居する家族の方々全員が感染しないよう最善の対策をとるようにしましょう。万が一ご家族のどなたかが感染してしまった場合はできる限り隔離を行い、人とも動物とも不要な接触をしないよう注意しましょう。

また、以下注意事項も推奨しています。

・ペットショップで犬に近付かない
・ブリーダー訪問を控える(オンラインでやり取り)
・犬カフェや動物園へ行く事を控える(支援はクラウドファンディング等で行う)
・窓を開放している等の対策をとっている動物病院を選ぶ
・ドッグフードや飲料水を与える前には必ず入念な手洗いを行う
・脱走できない環境を作る

感染しても無症状である人が多くいるという現状ですので、自身が感染していたら?という前提での予防を行うことが、ウイルスの拡散を抑える事へと繋がります。