【ドッグフード問題】犬は肉食?それとも雑食?

健康的な生活を目指すドッグフードを選ぶ時に、まず考えるのは

「犬という生き物の身体が自然に必要としている栄養素は何なのか?」

ですよね。人間も、栄養が自分たちの身体のどこでどういった働きをするのか?歯の形や腸の長さからしてどういった食べ物が合っているのかを考える方が多くなりました。その次に個体差で考えるという流れになります。個体によってアレルギーや必要とする栄養素の大小は異なりますが、身体のベースは「犬」「人」と区別できるようになっていて、必要な食べ物が変わります。

犬は、歯の形や腸の長さ、その他様々な研究結果から見ると完全な肉食であることが分かりました。

これまでの長い歴史の中で、犬は人と共存する道を選びました。その結果、人が食べる穀類も食べる犬がいたことから「肉食の体質を持ちながら多少の穀物は消化できる身体」に変化しています。それが、現代で「犬は雑食である」と言われている所以ですね。

ここで気を付けておきたいのが、犬は肉食であるにもかかわらず生活の過程で「暮らしに適応するために最低限の消化機能を備えた」という事であって、「炭水化物が絶対的に必要な身体ではない」という事です。

犬は雑食?

「雑食」と一言でいうと「なんでも食べる・食べさせていい」というイメージを持たれがちですが、上記にも書いたようにそうではないんですね。ですので、本来の体質にあったものを食べさせることで愛犬に負荷をかけず健康的な身体とメンタルを維持できるのではないか?と考えています。

「犬が雑食」に限らず、あらゆる情報に関して「どういった経緯で今の情報に至ったのか?」を考えると、愛犬のために本当に必要・重要である栄養素及びフードは何なのかが見えてきます。

犬は基本的に「肉食の生き物である」という事は分かりました。ただし、自然の中で暮らす犬と同じ体質の生き物たちは野生動物の肉を食べ、その体内から肉(タンパク質等)以外の栄養素も補給していますので、人が想像しがちな肉(自分たちが日頃食べている肉)だけでは犬に必要な栄養を補うことができないといいます。

犬は体質的に炭水化物の消化が他の生き物ほど得意ではないということから、人とは違い、炭水化物を与える事で「消化不良」「肥満」「肥満からの様々な病気」というリスクの方が大きくなり、犬の身体に詳しい飼い主はあえて炭水化物を与えないであるとか、炭水化物(イモや豆類などGI値が高い原材料)を多く含んだフードは与えない傾向にあるようです。

犬に穀類はどうなの?と考えるにあたって「消化」にばかり目が行きがちですが、その先にある「摂取を続けた場合犬の身体がどうなってしまうのか」まで考える情報はまだ少ないようです。

昨今注目の「糖化」について

最近では、人に関しても「糖化」という状態がいかに危険であるかという情報が周知されつつあります。現代の食べ物は、品種改良を繰り返して果物や野菜、お米まで「糖度を上げて美味しいと錯覚させる」→「必要以上に食べ消費させる」という「糖質過多」な生活を余儀なくされているのが現状です。一般的な食事量でも、一世代前よりかなり多くの糖質を摂取しているのが今の世代であるとも言えます(昔は果物もお米も野菜も今ほど糖度は高くなかったです)。

人間が食べる穀物同様に作られた穀物が肉よりも多く入っているドッグフードに潜む危険性は、そういった面でも危惧されています。糖質過多になると生き物の身体にどのような悪影響を及ぼすのか?は次回の記事でまとめようと思います。

発がん性物質などはもってのほかですよね。大切な愛犬に食べさせるのですから。

ドッグフードを選ぶ際は、以下を覚えておくと良いです。

・原材料表示の最初に肉類が書いてあるかどうか(含有量が多い順に掲載されています)

・原材料表示の最初辺りに穀物が多く書かれていないか(猫の健康<かさ増しの可能性を考える)

・BHT、BHD等の発がん性物質が入っていないか(規定量以下では表示義務が無いのでメーカーに問い合わせましょう)
 
・安全な原材料を使用しているかどうか(肉ならグラスフェッドか否か、その他原材料の産地が明確か否か等メーカーに問い合わせましょう)
 
・栄養素以外の添加物が含まれていないか