【ドッグフード豆知識】ドッグフードの酸化が病気の要因に!?

愛犬の病気は、発症する前に食い止めたい。それは、世界の愛犬飼い主さんたちの総意です。

愛犬が病気を発症する確率を下げるために最も重要なことは「毎日食べさせるもの」の中身。犬本来の身体の作りに合ったものを食べさせる事で、消化や細胞に至るまで負荷を最小限に留めることができます。また、食品添加物も危険なものが多くありますので注意してください。

次に気にしなければいけないのは「ドッグフードの酸化」です。

酸化した食べ物を食べると、体内も酸化します。体内が酸化する事で、アレルギーや癌、各種難病等を発症する事が分かっています。これは人間も同じですね。

オイルコーティングされているドッグフードと、コーティングされていないフードを比較すると、コーティングされているフードの方が酸化しやすいと言われています。

オイルコーティングされたドッグフードの中には、酸化防止剤としてBHAやBHTを使用している物もあります。ご存知の通り、それらは発がん性物質です。

人間が日々の食べ物で健康になったり病気を発症したりするように、犬にも同じ事が言えます。

塵も積もれば山となると言うように、愛犬にも余計な成分は極力摂らせたくないものです。
安全性が高いドッグフードを選ぶという事は、愛犬の一生の為に何よりも重要ですので真剣に考えていきましょう。