【犬の寒さ対策】うちの犬に服は必要?

冬、うちの犬に服は必要なのだろうか…?

そういった疑問を抱かれる飼い主の方も多いのではないでしょうか。まず、犬自身が「寒い」と感じるとブルブル震えます。短毛でシングルコートの犬に多く見られる現象です。

シングルコートとは、通常犬に存在する上毛と下毛の下毛がほとんど無い犬の毛の呼び名です。人間がブリードを繰り返す中で作られた品種ですので、季節が変われば人間の手(服を与え着せるなど)が必要となります。

シングルコートで短毛種の犬といえば、フレンチブルドッグや短毛チワワ、ミニチュアピンシャ―、パグなどです。それらの犬は、ダブルコート(上毛と下毛を持つ)の犬と比較すると寒さに弱い傾向にあります。飼い主が出かけて暖房を消す場合や寒い時期の散歩の際は、服を着せるなどの対策を行うと良いです。まずは、飼い犬の毛の特性を調べてみましょう。

老犬の場合は筋肉量が落ちますので、寒さを感じやすくなります。様子を見ながら暖かさの調整を行ってあげてください。

寒い時期の犬の外出についてですが、犬の足の裏は人とは違い非常に温かい性質を持っています。よほどの寒さや長時間滞在でない限り、寒さのための靴は不要です。

部屋を暖める際、乾燥は犬にも人にも良くありませんので、湿度の調整を行いましょう。エアコンの場合は加湿が必要になる場合があります。石油ストーブやガスファンヒーターの場合は水蒸気が発生しますので、別途加湿は不要とする場合が多いです。