1人暮らしでペットを飼う際のポイント

 

1人暮らしの場合、ペットの譲渡や購入の条件によってはなかなか叶いづらいこともあります。
その理由は、いざ飼い主が病気になったり何か緊急の問題が生じた際、ペットの飼育にまで手が回らなくなってしまう場合を想定してのことがほとんどです。

しかし、1人暮らしだからこそペットと共に過ごしたいと思う気持ちは多くの人が心に抱いています。飼い主に万が一のことがあってもペットが安心して暮らせるよう、事前に対策を練っておきましょう。また、その対策をきちんととってペットを迎える準備を行うことで、譲渡する側の安心感へも繋がります。

・留守の時もクーラーや暖房を使用できる経済力を持つ。
・飼っているペットの情報メモを、財布の中や部屋の分かりやすい場所に常備させる。
・1日1回は必ず連絡をとる相手がいる状態にしておく。
・万が一のことがあった際の預け先や、代わりに面倒をみてくれる人を決めておく。
・飼いたいペットについてのリスクや利点、生体について等を予めしっかりと学んでおく。

譲渡やブリーダーからの購入以外にも「拾う」という場合もあります。動物を拾えば譲渡する側の条件などは関係なくペットを飼い始めることが可能となりますが、ペットと暮らし始めて起こり得るリスクは同じです。上記にあるように、一旦そのような準備を行って、あとは臨機応変に対応しながらペットとの幸せな生活を送りましょう。

生き物を愛し大切に飼うということは、人の心の平穏に繋がります。1人でも多くの人が、ペットの存在と共にしあわせを感じる日々を送ってほしいと願っています。