台風等の自然災害と愛犬の避難問題

台風等の自然災害と飼い犬の避難問題
この度、台風9号並びに10号により被災された方々へ、謹んでお見舞い申し上げます。

ペットを飼っている方々にとって、このような災害における避難を考えた際、どうしたものかと頭を悩ませた方々も多かったのではないでしょうか。

風による家屋損壊・停電に留まらず水害も同時に考える必要がありましたので、「その場から離れる」という手段を思いついたとしてもペット同伴でまして多頭飼いの場合は移動が困難となります。

万が一、また同じような状況が起こった場合の為に事前に出来る事は以下です。

・犬頭数分のケージを常備しておく
・鉄筋コンクリート造の家やマンションに住む知人へ犬預かり願いの承諾を得ておく
・鉄筋コンクリート造のペットホテルを探しておく
・吠え癖や噛み癖を治しておく
・フードやトイレシートは余裕を持って常備しておく

事前に預け先が決まっていれば、あとは預ける際に必要な物を持参するだけでペット達が助かる可能性は高まります。人間は、ペットを預けた先の近場でホテルに宿泊すると木造家屋よりは安心できます。

今後、一般的なホテルにおいてペットホテル併設というサービスがあればそれがベストなのではないか?とも思います。時代や気候に合わせた新たなサービスが増える事を切に願っています。また、家族(ペット)が多いということはその分費用を要します。飼いたい気持ち、保護したい気持ちはとても大切ですが、予算面も考慮した上で冷静に考えることも重視しましょう。