CATEGORY

犬と福祉

  • 2020年1月4日
  • 2020年1月23日

飼い犬との防災キーワード「自助」「共助」「公助」

飼い犬との防災キーワード「自助」「共助」「公助」 災害は、ある日突然起こります。これまでの生活が奪われ、経験したことのない不便で不安な生活がはじまります。被災することがどのようなことなのか、どのような問題が発生するのか、経験のない多くの方には、具体的に想像するのは難しいことです。 自助:自分とペットの身は自分で守ること 共助:近隣住民や飼い主同士の助け合い、広域の助け合い、他の組織を交えた助け合い […]

  • 2019年12月26日
  • 2020年1月23日

避難訓練チェックポイント

災害でペットを守ることができるのは飼い主だけです、自分が無事でないとペットは守れません 大規模な災害では、行政機関などの公的機関による支援がはじまるまでの間、自助や共助により乗り越えなければなりません。 飼い主には、まずは自分の安全を確保し、そのうえで、ペットの安全と健康を守り、他者に迷惑をかけることなく、ペットを適正に飼養管理する責務があります。 日頃からの備えとして、情報収集と避難方法について […]

  • 2019年11月26日
  • 2019年12月20日

犬の殺処分ゼロに向けて何ができるのか?

沖縄県南城市の県動物愛護センターの取り組み 沖縄県南城市の県動物愛護センターでは、殺処分ゼロを目指すにあたり譲渡拠点を整備するという非常に素晴らしいニュースです。 譲渡可能(健康で温厚な性格)な犬でも、保護施設のキャパシティが不足している状態では殺処分せざるを得ないという状況を改善すべく、保護活動の基本でもある施設の改善に着目したという所に、南城市の本気度が伺えます。 そのようなベースの改善と共に […]

  • 2019年11月16日
  • 2019年11月16日

犬を飼う以外にもふれあう方法について

犬を飼う以外にもふれあう方法があります 犬のお散歩ボランティア、保護施設の馴化ボランティア、一時預かりボランティア、子犬のミルクボランティアなど、行政や動物愛護団体が募集する犬の世話をお手伝いするボランティア活動があります。最寄りの保健所・動物愛護センターにお問い合わせください。 ※馴化:人や環境に慣れさせること ボランティア活動の一例 ・譲渡ボランティア 動物愛護センターから犬を預かり、自宅など […]

  • 2019年10月15日
  • 2019年10月16日

日本・欧州・アメリカの犬猫飼養及び管理に関する法規制について

各国の犬猫飼養及び管理に関する法規制について この文面は、環境省「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」からの「日本・欧州・アメリカの犬猫飼養及び管理に関する法規制について」が学べる出典記事となります。 日本 ・人口:約1億2,700 万人(Worldbank2017) ・犬猫飼育頭数:犬約890万頭、猫965万頭(ペットフード協会2018) ・登録状況:犬のみ自治体で登録 ・マイクロチップ: […]

  • 2019年10月9日
  • 2019年10月10日

【譲渡犬】譲渡の流れについて

譲渡犬でつなごう、命のバトン 自治体や動物保護団体により、譲渡対象となった動物の収容過程や譲渡の方法は異なります。事前によく確認して、納得したうえで譲渡を受けましょう。 譲渡までの一連の流れ 引取り・収容 ↓ 健康チェック・健康管理 ↓ 適正評価 (動物の個体ごとに、健康面、気質面、性格面などを確認・鑑札します) ↓ 飼養中のケア・譲渡に向けたトレーニング (動物の個体ごとに、必要なケアや社会化( […]