【犬のコラム】ご年配の方が愛犬との生活に困ったら?

近年において、犬とパートナーシップを築き共に同じ空間で暮らす事への幸せを感じる方が、老若男女問わず増えている傾向にあるようです。

そのような「犬にとっても幸せになれる環境」が増えている側面で、ご年配の方々が犬を飼われる際に発生する「ご自身のみでの生活が難しくなった際に犬を手放さなければならない」という、犬にとっても飼い主にとっても大きな問題が浮上します。双方において、互いに良きパートナーでありかけがえのない存在であるにも関わらず、このような問題が多く発生している現代の日本ですが、あらゆる施設がそれに対応するプランを考えています。

ペット可の老人ホーム介護施設

飼い犬も含め入居が可能なご年配の方々向けの施設が近年増えています。これまではそのような施設が少なかった事から泣く泣く飼い犬を手放さざるを得なかった方々も多くいらっしゃいましたが、これからはこのような施設を選択することで愛犬と生涯を共にする事が可能となりました。
こちらから検索できます。⇒ LIFULL 介護 ペットと住める老人ホーム・施設特集 

老犬の為の介護施設

飼い主自身が施設に入る必要がなくても、体調の悪化からどうしても愛犬の散歩などのお世話などが難しくなった際に預かりをお願いできる「老犬ホーム」という施設があります。全国各地にありますので、最寄りの老犬ホームが見つかるのではないでしょうか。
こちらから検索できます。⇒ 老犬ケアトップ 全国の老犬ホーム一覧 

飼い主の事情で散歩だけができない場合

散歩以外のお世話が可能な場合は、ペットシッターに愛犬の散歩を依頼しましょう。プロに任せれば、散歩中のトラブル等も回避できますので心強いです。
こちらから検索できます。⇒ ペットシッター、散歩代行 

 

犬を飼うという事は、命を預かるという事。最後まで誠意をもって接するためにはある程度の費用が必要です。費用面や預かり先、または共に暮らせる介護施設の情報等を事前に準備しておく事で、愛犬も安心して生活を送ることができるのではないでしょうか。