ほじょ犬の受け入れにご理解を!

ほじょ犬の受け入れにご理解を!

ほじょ犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)は、「身体障害者補助犬法」に基づいて認定されており、障害のある方とともに社会参加することが認められています。
 
ほじょ犬の同伴は、人が立ち入ることのできるさまざまな場所で受け入れるよう義務づけられており、病院・診療所・クリニックなどのすべての医療機関も例外ではありません。
 
ほじょ犬は、障害のある方のパートナーであり、ペットではありません。「犬だから」という理由で受け入れを拒否しないでください。医療機関にも受け入れ義務があります。

ほじょ犬の衛生面や行動の管理も万全です

ほじょ犬の衛生管理と健康管理はユーザーの義務です。特別な訓練を受けているので、社会のマナーも守り、迷惑をかけることはありません。
 
・ほじょ犬は、ユーザーが指示した時に、指示した場所でしか排泄しないように、訓練されています。

・ユーザーは、ブラッシングやシャンプーなどで、ほじょ犬の体を清潔に保ち、予防接種や検診を受けさせるよう努めています。

・ほじょ犬には表示をつけることが義務づけられているので、ペットと違うことが一目でわかります。ユーザーも、認定証(使用者証)とほじょ犬の健康管理手帳を携帯しています。

 

出典・加工して作成:環境省「ほじょ犬 医療機関向け もっと知ってブック」
https://www.mhlw.go.jp/tenji/dl/file02-04.pdf