避難訓練チェックポイント

災害でペットを守ることができるのは飼い主だけです、自分が無事でないとペットは守れません

大規模な災害では、行政機関などの公的機関による支援がはじまるまでの間、自助や共助により乗り越えなければなりません。

飼い主には、まずは自分の安全を確保し、そのうえで、ペットの安全と健康を守り、他者に迷惑をかけることなく、ペットを適正に飼養管理する責務があります。

日頃からの備えとして、情報収集と避難方法について準備をしておきましょう。

避難訓練チェックポイント

・ハザードマップでの危険箇所の把握
・ペットの受入れが可能な指定避難所の把握
・指定緊急避難場所、指定避難所までの所要時間の確認、
・ガラスの破損や看板落下などの危険な場所の把握
・通行できないときの迂回路の確認(建物や川などがない通行しやすい場所の確認)
・指定避難所でのペットの反応や行動の把握(慣れない場所では反応などが変化)
・指定避難所での動物が苦手な人への配慮
・指定避難所での飼養環境の確認
・指定避難所が被災している場合の二次避難先の想定
・災害の種類(津波など)により避難所が危険な地域にある場合の二次避難先の想定(高台のある場所の確認)
・事情により避難所(建物内外とも)へのペットの同行が不可能になった場合の避難先や預け先の想定(親戚や友人など)

家族や地域住民と連携できること

・連絡方法や集合場所
・ペットの避難方法や役割分担
・留守中の対処方法と協力体制(ペットだけが自宅にいた場合にどうするか)
・緊急時のペットの預け先の確保
・物資の持ちよりや共同飼養などの申し合わせ

ペットの一時預け先の確保

・指定避難所などでの飼養以外にも、親戚や友人など、複数の一時預け先を探しておくことが望ましい

 

出典・加工して作成:環境省「災害、あなたとペットは大丈夫?」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3009a/a-1a.pdf