TAG

高齢犬

  • 2020年9月11日
  • 2020年9月25日

【犬の老後を考える】高齢犬の毎日の健康チェックについて

犬の老後について考えてみましょう 犬の老後は、じょじょに動きが鈍くなり身体の様々な機能が低下していきます。人間も40歳を越えた辺りから身体にガタが出やすくなります。人間の40歳は小型犬に換算すると6~7歳、大型犬に換算すると5歳ですから、その辺りからは特に飼い主による毎日の健康チェックが必要です。 年老いた犬であれば自然な老化現象となりますが、6~7歳辺りまでに身体の不調が出る場合は体質ではなく病 […]

  • 2019年11月16日
  • 2019年11月16日

飼い犬の将来に備えるために

飼い犬の将来に備えて 犬は人よりも早く歳をとります。別れは辛く悲しいですが犬にとっては飼い主の愛情が全てです。最期まで看取るのは飼い主の最後の愛情と責任です。 ・ペットのための遺言・信託 自分がペットより先に死亡してしまったときのために、ペットを誰に託すか、残した財産をペットのためにどう使うか決めておくことができます。 ・老犬ホーム ペットを預かり亡くなるまで世話をしてくれる民間業者(第一種動物取 […]

  • 2019年11月5日
  • 2019年11月5日

【犬の介護と看取り】共に生きる、高齢犬(老犬)とシルバー世代

飼い犬の介護とみとり 犬は人よりも早く歳をとります。別れは辛く悲しいですが犬にとっては飼い主の愛情が全てです。最期まで看取るのは飼い主の最後の愛情と責任です。 ・介護 犬の介護は飼い主にとって重要な問題です。一人で抱え込まず、家族と協力したり、かかりつけの動物病院に相談し、無理なく続けられる方法で向き合いましょう。 ・終末期医療(ターミナルケア) 終末期医療とは、末期患者の延命を目的とするものでは […]

  • 2019年11月3日
  • 2020年11月26日

飼い犬と飼い主の老いのこと

犬の高齢期と向き合うために 犬の種類によって寿命は異なりますが、犬は人より短命です。犬が歳をとったときのことを想定し、心構えと準備をしておくことが重要です。 犬の高齢期への心構えと準備 ・犬は7歳前後から高齢期と言われています。高齢期を迎えたら、日ごろからの健康チェックには今まで以上に気を配り、定期的に健康診断を受け、フード、病気、室内の危険等への対応を考えましょう。 ・高齢になるにつれ、様々な症 […]

  • 2019年11月1日
  • 2019年11月2日

高齢犬(老犬)のケアについて

シルバー世代の飼い主と高齢犬(老犬)がともに幸せに暮らせるように 犬も飼い主も歳を重ねると体力や生活習慣が変わります。シルバー世代の飼い主と高齢犬(老犬)がともに幸せに暮らせるように、日頃から備えておきましょう 飼い犬の高齢化について考えること 飼い犬が高齢になれば身体も弱り病気にもかかりやすくなります。嗅覚も衰えてくるので、臭いの強いフードにするなど、食欲を維持する工夫が必要です。 歯みがきで口 […]

  • 2019年10月26日
  • 2019年10月26日

高齢犬(老犬)とシルバー世代が健康に過ごすために

シルバー世代の飼い主と高齢犬(老犬)がともに幸せに暮らせるように 犬も飼い主も歳を重ねると体力や生活習慣が変わります。シルバー世代の飼い主と高齢犬(老犬)がともに幸せに暮らせるように、日頃から備えておきましょう 健康に過ごすために 食事 犬の種類や年齢、健康状態にあった適切なフード、新鮮な水を与えましょう。 住まい 犬が快適に過ごせるよう、清潔で、安全な飼養場所を用意しましょう。 獣医療 日頃から […]